日本を破壊しようと画策、実行してきた「李家」とは(1)

昨今、世の中が日を追うごとにおかしくなってきているなと感じている人も多いかと思います。

益々、凶悪な事件や大災害が頻発しているように見えます。
また我々庶民の生活もどんどん苦しくなってきていると感じる人も多いでしょう

 

さて、日本がなぜここまでおかしくなってきたのか。
もちろん日本だけではなく、世界中がおかしくなってきてはいますが、今回は、KAWATA no Blogを通して日本に焦点を当ててお話したいと思います。

日本が時代と共に沈んで行った原因として在日朝鮮人「李家」の存在があります。

この李家というのは、かつて朝鮮半島を支配していた李氏朝鮮の末裔です。

 

李氏朝鮮とは、李家一族が1300年代から1900年代初め頃に朝鮮半島を支配してきた時代です。

また李家というのは、イルミナティの13血流の一つでもあります。

日本の戦国時代(15世紀末から16世紀末)、豊臣秀吉の朝鮮出兵(1592年頃)の時に豊臣軍に同伴した毛利家が日本に連れ帰った朝鮮人、それが李家ということです。

毛利家が支配していた中国地方には、山口県がありますが、同県には李家(りのいえ)という苗字が多いのも、そのようなルーツがあるからです。
彼らが移り住んだのが山口県の田布施、田布施一族、田布施システムの始まりがここにあります。

現総理大臣の安倍晋三も田布施出身であり李家です。

田布施一族は、やがて明治維新(政治的クーデター)を起して、日本を乗っ取り、支配していくことになります。

李氏朝鮮による身分制度というものも非常に酷い物でした。
階級が王族・貴族、両班、中人、常人、賎人とに大別され、賎人は、奴婢や白丁等と呼ばれる奴隷が存在しました。白丁は賤人の中でももっとも下の存在だったそうです。
奴婢はそれこそ、ほとんど人間扱いされなかった身分で、その暮らしぶりも悲惨なものだったそうです。

今や日本を支配している李家が、そんな身分制度があった国の末裔なわけですから、これだけ見ても日本がおかしくなるものも無理はないというものでしょう。

そんな彼等も全ては上手くいっていたわけではありません。

第二次大戦で李家は、アメリカとの戦いに敗れ、GHQにより旧皇族共々身分をはく奪されます。
まあ第二次大戦も言ってみれば、イルミナティ同士の争いではありますが。。
この戦いでは、アメリカのロックフェラー、日本の李家とが争ったということになります。

いずれにしても李家は、表舞台から姿を消すことにはなりますが、裏で密かに暗躍して、その後も悪事を重ねてきました。

日本で初めてテレビ放送がされた時に最初に映し出された文字、それが「イ」の文字です。
これは、李(李家)を表します。
つまり李家がメディアを支配するという意味でもあります。

イルミナティの連中は、このように自分たちの縄張りを示すことが多いようです。
庶民に対して、自分たちは強大であり、誰も逆らえないんだと、あらゆる手段を用いて洗脳してきました。
そういう意味では、テレビというのは、まさに打ってつけの手段だったわけです。
ラジオや新聞もそれに続く洗脳手段でもありますが。

今や日本において、政治、経済、芸能界等あらゆる分野において李家の末裔が幅を利かせている状況です。

李家の血筋、またはそれに関連する人物が有名になったり、成功したりするというような世の中になっています。

実際に有名人等は、顔が非常にそっくりな人が多く、遺伝子レベルで似ていると言っても過言ではないでしょう。

人によっては、「似ている人なんてどこにでもいるよ」とか「たまたまじゃね」と思う人もいるかもしれませんが、重要なことは、彼らが有名人であること、そして上級国民であり、その血筋であるということです。またその他にもあらゆる証拠も存在します。

「上級国民」については、また別の機会にご紹介していきます。

彼らが有名人であるという共通点から考えても、やはり李家等一部の連中があらゆる分野を牛耳っていると言えると思います。

表向きは、出身地や名前は違っていても、イルミナティの連中は、いとこ同士での結婚や、生まれた子供を養子に出す等ということをこれまでも繰り返してきました。
そのようにして自分たちの身分を隠しつつも、上級国民としての血筋を守ってきたわけです。

最後にいくつか似ている有名人についてのツイートをご紹介いたします。

比べてみると、恐ろしいくらい似ていますね。

左:ワコール創業者:塚本浩一 右:チュートリアル徳井

左:孫文の若い頃 右:TOKIOの国分太一

左:牧口常三郎 右:爆笑問題の太田光

左:吉田茂 右上:角野卓三 右下:ハリセンボンの近藤春菜

これらはあくまでも一部にすぎません。
まだまだこれからもご紹介していきたいと思います。

また、別の機会でも李家について更にお話していきたいと思います。

↓↓こちらの記事もぜひご覧になってください。

■Kawata no Blog 【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!! 
http://kawata2018.com/2019-06-04/